メインイメージ

必要な払込証明書

法人設立に必要な払込証明書について

会社経営を始めるためには資本金が必要となります。法人設立のときには資本金を集めることが必要なのですが、これがきちんと集められていることを証明するためのものが払込証明書です。以前は、払込金保管証明書というものを銀行に発行してもらう事が必要だったのですが、これには色々なデメリットがあったために廃止されました。

どのようなデメリットがあったのかというと、まず時間がかかることが挙げられます。場合によっては、銀行から断られることもあったようです。信用力のない会社の場合には断られてしまうこともあったそうで、これがネックとなっていたのです。また、払い込んだ資金をすぐに使うことができないというデメリットもありました。色々とかかる費用に用いる事ができなかったために、不便だったと言えるでしょう。この時代に比べると、現在では法人設立における払込の手続きはかなり簡単になり、期間も短くなったと言えるでしょう。

現在では、発起人の口座に振り込んで、その口座の通帳のコピーをとることによって証明できるようになったのです。ただし、これで良いのは発起人設立の場合だけで、募集設立のときには以前と同様に払込金保管証明書が必要となりますから、銀行に発行してもらいましょう。

払込証明書に記載することはあまり多くはありません。振り込みがあった金額の総額と設立時の株式数、日付、住所などですから、テンプレート通りに作れば問題はありません。これに通帳のコピーを添付することが必要となります。法人設立のときにネット銀行を使うことができるのかどうかについてですが、制度上問題はないようですが、どの部分をプリントアウトすれば良いのかがわかりにくいようですから、この点については確認しておくのが良いでしょう。

口座の情報が分かるようにコピーをとらなければならないという点に注意しておきましょう。通帳の表紙と、その次のページに情報が記載されていることが多いですから、この部分をコピーします。銀行名、支店名、口座番号、名義人などの情報が記載されているかどうかを確認しなければなりません。

そして、資本金の振り込みが記載されている部分をコピーします。誰が振り込んだのかが分かるようになっているのが良いです。普通に入金するのではなくて、振り込みであることが求められます。ですから、法人設立用の資金としてすでに入金しているのであれば、一度引き出してからもう一度振り込むようにしましょう。

Copyright© 2014法人設立にもいろんなやり方があります。 All Rights Reserved.