メインイメージ

個人営業か法人設立するか

個人で営業するか法人設立するかの選択

起業をするというと、まずは法人設立をする事が必要だと考える人も多いようですが、必ずしもそうではありません。法人設立をせずに、個人事業でずっと経営を行っている人もいます。どちらかが圧倒的に優れているというのではなくて、それぞれメリットとデメリットとがあります。

法人設立をするメリットとしては、やはり節税できることを挙げないわけには行かないでしょう。法人になれば経費として認められる幅が広がりますから、同じだけ稼いでいても税額を小さくすることができます。また、赤字の繰り越しができるというのも大きなメリットだと言えるでしょう。税率に関しても、法人は税率が一定ですから、課税対象金額が大きくなれば法人のほうが有利となります。

法人設立をすれば、やはり信用力を得る事ができます。取引先に対する信用力は事業を拡大する絵では非常に重要なものだと言えるでしょう。また、人材確保をするときにも信用力は必要となります。法人のほうが信用力は高くなりますから、この点では優れていると言えるでしょう。そのほか、資金調達が容易になることや決算月を自由に決められること、あるいは有限責任であることなどが主なメリットだと考えられます。

個人事業のメリットは、コストが低いと言うことや手続きが楽なことが挙げられます。固定した税金を支払わなくて良いですから、赤字であれば税金を支払わなくても良いです。規模が小さくて売上げがまだ小さい場合や、あるいはどれくらいの利益がでるのか分からないといったときには、個人のほうが良いと考えられます。

法人の場合には、社会保険や労働保険に加入しなければならないというのが原則です。このために大きなコストがかかります。このコストを抑えることができるというのは大きなメリットだと言えるでしょう。

費用面で言えば、交際費を経費にできるというメリットがあります。法人の場合には制限があるのですが、個人の場合には全額経費扱いにすることができますから、これによって節税効果を期待する事はできるのです。

法人設立をしたとしても、事務的な負担を抑えるために外部の業者を利用する事はできますから、必ずしも手間や時間がかかるというわけではありません。ただ、そのためにはコストがかかるという点にも注意が必要です。ですから、利益がある程度の規模になれば法人設立をした方が良い場合が多いです。売上げが1千万円くらいになれば、法人設立のメリットはかなり大きくなります。

Copyright© 2014法人設立にもいろんなやり方があります。 All Rights Reserved.